ダウンケットが臭う!臭いの原因と軽減方法とは?

未分類

せっかくダウンケットを買ったのに臭いが強くて快適に眠れない。

なんて悩みを持っている方はいらっしゃいませんか?

 

臭いの問題はダウンケットに関する大きなクレームの1つです。

もちろん羽毛ですから多少は臭いのするもので完全に無臭とは言えません。

しかし商品を選ぶ際や買ってからの対応で臭いのトラブルを軽減することは可能です。

 

この記事ではダウンケットの臭いの原因、その軽減方法についてまとめてみました。

 

ダウンケットの臭いの原因

3つのイメージ羽毛の特性上、臭いはしょうがないと言っても気になりだすと快適に眠ることも出来ません。

特に安価なダウンケットは羽毛の処理が甘いものもあり臭いのトラブルにつながる可能性が高いです。

まずはダウンケットの臭いが発生する原因を知りましょう!

羽毛の種類

ダウンケットの中身に充填されている羽毛。

羽毛は水鳥から採取されますが臭いの元はその水鳥の持つ油脂分です。

当然動物から採取しているので多少の臭いは避けられないでしょう。

 

羽毛にはアヒルから採取されるダックダウンとガチョウから採取されるグースダウンの2種類があります。

このうち草食性のガチョウから採取されるグースダウンの方が比較的臭いは弱いと言われています。

ダウン率

また羽毛はダウンとフェザーに分類され臭いの元となる油脂分はフェザーに多く含まれています。

ダウン50%フェザー50%のダウンケットの中には強烈な臭いを放つものもあります。

臭いの問題を避けるためにはダウン率の高い商品を選ぶのがおすすめです。

羽毛の洗浄不足

羽毛を加工する段階での洗浄が不足すると油脂分や汚れが残り臭いの原因となります。

羽毛は透視度検査(透視度計に水と羽毛を入れて底のマークを見る検査)で洗浄具合を確かめます。

日本羽毛製品協同組合では羽毛の清浄度を500mm以上という基準を定めていますが、

各メーカーによっては1000mm以上という更に厳しい基準を設けている会社もあるので

特に臭いが気になる方はそちらもチェックした方がいいかと思います。

湿気の問題

羽毛が臭う最大の原因は湿気の問題です。

どんなに丁寧に加工された羽毛でも湿気が溜まると雑菌が付着し嫌な臭いを発するようになります。

長期的に保管されている羽毛や管理が不十分なものは臭いが発生する可能性も高くなります。

そういった羽毛が使われている製品は価格も安くなる傾向があるので安すぎるダウンケットには手を出さないことも、

臭いのトラブルを未然に防ぐためには大切なことでしょう。

臭いの対策と軽減方法

解決策のイメージ購入したダウンケットを開けてみたら羽毛の臭いが充満して…というのはショックですよね。

ここではそんな臭いの軽減方法を紹介していきます。

ダウンケットを干す

ダウンケットの臭いの軽減法として一番簡単なのが布団を干すことです。

ここではダウンケットの正しい干し方について説明していきます。

 

まず大切なのは干すときは陰干しにすることを心がけてください。

太陽の下で天日干しにすると確かにカラッと布団が蘇るイメージはありますよね。

でも実は太陽の光に当てることは布団の生地を傷めることに繋がります。

生地が傷ついてしまうと中の羽毛が噴き出して使えなくなってしまうこともあります。

 

ダウンケットを干す一番の目的は臭いの原因となる湿気を飛ばすことです。

湿気を飛ばすためには風通しの良い場所での陰干しが必要です。

 

天気の良い日に布団の表裏を1~2時間ほど風に当てて干してみましょう。

湿気をしっかり飛ばすことで羽毛の嫌な臭いを軽減することが出来ます。

 

羽毛布団の干し方についてもっと詳しく知りたい方は、

羽毛布団の干し方!干す時間や頻度、干すメリットをまるごと解説!

こちらの記事でも詳細に説明していますでのご覧ください。

ダウンケットを洗う

ダウンケットを洗うことも臭いの軽減方法の1つです。

ダウンケットは冬物の羽毛布団と違い洗えるものが多いのがメリットです。

 

ダウンケットを洗う際はまずお使いの布団カバーを外しましょう。

カバーを外した状態で洗濯機に入るサイズに畳んでいきます。

そして洗濯機に入れる際は必ず洗濯ネットを使用してください。

 

洗濯の仕方は基本的には洗濯機の説明書に従うのが一番です。

大物洗いコース(布団コース)があればそちらで洗濯しましょう。

洗剤は布団の品質表示を見た上で使用可能なものを選んでください。

 

そして大切なのは洗い終わった後にしっかりと干して乾燥させることです。

ここまで説明してきた通り湿気が残ると雑菌が繁殖し臭いが発生します。

干すことを考えて天気が良く湿度の低い日に洗濯することをおすすめします。

 

羽毛布団の洗濯方法についてはこちらの記事でも解説しています。

【誰でも簡単】ダウンケットの洗濯方法を解説【洗ってみよう】

臭いが気になる方は一度ダウンケットを洗ってみましょう。

おすすめのダウンケット

これからダウンケットを買おうと思っている方にはこちらの商品がおすすめです。

日本製で羽毛はダックですがダウン90%のもの使用されているので臭いのリスクも低いです。

充填量も300g入りなので秋頃までは使える商品になっていると言えますね。

 

お得な2枚組もあるようなのでこの機会によければチェックしてみてくださいね。

まとめ

まとめここまでダウンケットの臭いの原因と軽減方法について解説してきました。

まず臭いの強い商品を買わないようにするためにも羽毛の種類やダウン率をチェック、

比較しても分かりづらいという方は価格が安すぎるものには手を出さないのがベターだと思います。

購入後の臭いに悩む方は羽毛の天敵である湿気を防ぐためにダウンケットの洗濯、陰干しを試してみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました