【掛け布団と同じで大丈夫?】掛け布団カバーのサイズの選び方!

布団カバー
掛け布団カバーのサイズはどうやって選ぶ?
羽毛ふとんと同じサイズのカバーが必要?
自分に用途にあったサイズがわからない。

この記事ではこんなお悩みが解決できます。

 

みなさんは今使っている掛け布団カバーのサイズを知っていますか?

掛け布団カバーのサイズは基本的には掛け布団のサイズと同じものを選べば大丈夫です。

ただしシングルなのかシングルロングなのか同じようで少しややこしい表記もあります。

 

そこでこの記事では掛け布団カバーのサイズをまとめています。

どのサイズの掛け布団カバーを選べばいいのか簡単に説明していきますね。

 

新しい掛け布団が欲しいという方は「【2021年最新版】ふとんマニアが本当におすすめする羽毛布団はコレだ!【ゴールドラベル付き】」をご覧ください。

今年の最新の状況からおすすめの高品質な羽毛布団を紹介しています。

 

掛け布団カバーのサイズ一覧

選ぶイメージ

掛け布団カバーの選び方ですが基本的には今使っている掛け布団と同じサイズを選べば大丈夫です。

掛け布団と掛け布団カバーは寝具の業界でそれぞれ同じサイズの製品が作られています。

使っている掛け布団がシングルサイズの場合は掛け布団カバーもシングルサイズという具合です。

 

掛け布団カバーの一般的なサイズ一覧は以下の通りです。

サイズ名称横×縦サイズ
シングル(S)150×210cm
セミダブル(SD)170×210cm
ダブル(D)190×210cm
クイーン(Q)210×210cm
キング(K)230×210cm

ただし綿布団など150×200cmをシングルサイズとしている布団もあります。

その場合には掛け布団カバーも150×200cmを選んでください。

 

掛け布団カバーのサイズの特徴

生地の種類のイメージ

一覧表を見てもわかるように掛け布団カバーのサイズは横幅の大きさの違いです。

サイズ名称横×縦サイズ
シングル(S)150×210cm
セミダブル(SD)170×210cm
ダブル(D)190×210cm
クイーン(Q)210×210cm
キング(K)230×210cm

それぞれサイズごとの特徴や注意点について解説していきます。

シングルサイズ

一人用の掛け布団として一番使われているのがシングルサイズです。

定番のサイズなので掛け布団カバーの種類も豊富なのが特徴です。

素材や柄で選ぶのは基本ですが見落としがちなのが止め紐の本数。

掛け布団に結ぶ紐は6本か8本がありおすすめなのは8本のタイプです。

掛け布団と掛け布団カバーのズレが気になる方はこの点も注意してください。

セミダブルサイズ

シングルより少し大きめに作られているセミダブルサイズ。

大柄な人や寝相があまりよくない人に向けた基本的には一人用のサイズです。

特徴としてはセミダブル以降のサイズの掛け布団カバーには継ぎが入っていることが多くなります。

特に日本製の商品は元々の生地の幅の関係で継ぎが入っているものが多いので、

柄でカバーを選ぶ方は買う前に継ぎがあるのか確認した方が良いと思います。

ダブルサイズ

ダブルサイズはダブルベッド(140×200)に対応したサイズです。

ダブルとは言っていますがシングルの2倍の大きさではありません。

このサイズの掛け布団からは夫婦やカップルで使用する方も多いですね。

ダブルサイズの掛け布団カバーにも継ぎが入っていることが多いので気にする方は注意してください。

クイーンサイズ

クイーンサイズは210×210cmの正方形の掛け布団カバーです。

このサイズ以降は特殊なサイズなのでお目当ての商品が中々見つからないかもしれません。

お店によっては注文後の生産の場合もありすぐに手に入らない可能性もあります。

クイーンサイズの掛け布団カバーを使用している方は注意しましょう。

キングサイズ

キングサイズは一般的な掛け布団のサイズに対応している中で一番大きなサイズです。

このサイズもクイーンサイズと同じく定番で置いてあることの少ない商品になります。

お気に入りの柄を見つけた場合は思い切って2枚買うのもいいかもしれませんね。

掛け布団カバーのサイズのまとめ

結論

掛け布団カバーのサイズは基本的には掛け布団のサイズと同じものを選べば大丈夫です。

まずは今使っている掛け布団のサイズを確認してそれにあった掛け布団カバーを探しましょう。

 

同じように敷パッドのサイズについては「【表でわかる】敷きパッドのサイズの選び方!一覧表と特徴を簡単解説!」で解説しています。

 

また新しい掛け布団を安く買いたいという方には「【2021年秋冬】ネットで買える羽毛布団のおすすめランキング【用途別に解説】」の記事がおすすめ。

店舗に行くと中々手が出ない羽毛布団ですがネットで探すとお手頃価格でいい商品がありますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました