多いほど良いわけではない!羽毛布団の充填量はどれぐらい必要?

羽毛布団の選び方
羽毛布団に使われる羽毛について知りたい!
羽毛布団の羽毛の充填量は多いほどいい?
真冬でも満足できる羽毛布団の条件とは?

 

この記事ではこんな疑問について解説しています。

 

羽毛がたっぷり入った羽毛布団ほど暖かい。

羽毛布団についてこんなイメージを持っている方もいるかもしれません。

確かに暖かさの元になる羽毛がたくさん入っていれば暖かそうですよね。

しかし羽毛布団の暖かさは羽毛の充填量によって決まるわけではありません。

この記事では羽毛布団の暖かさを左右するポイントについて解説していきます。

 

真冬でも満足できる暖かい羽毛布団を探している方には「【2021年秋冬】ネットで買える羽毛布団のおすすめランキング【用途別に解説】」の記事がおすすめです。

ネットで買える羽毛布団の中から今年の冬の条件に合った最新版をまとめています。

 

羽毛の充填量はどれぐらい必要か

疑問

羽毛布団の暖かさは羽毛の充填量だけで決まるわけではありません。

例えば品質の低い羽毛は膨らみを出すためにその分たくさん充填する必要が出てきます。

羽毛がたっぷり入っているからといって必ずしも暖かくなるわけではないんですね。

 

ダウン率とダウンパワー

羽毛布団の適切な充填量はダウン率ダウンパワーによって変わってきます。

 

ダウン率とは羽毛布団に充填される羽毛に入っているダウン(羽毛)の割合のこと。

ダウン(羽毛)フェザー(羽根)

羽毛布団はダウン(羽毛)が回りの空気を含んで膨らむことで暖かくなります。

基本的にはダウン率が高いほど膨らみやすく品質の良い羽毛と言えます。

フェザー(羽根)が増えると膨らみもなくゴワゴワとした感触になってしまいます。

ダウン率の低い羽毛を使う場合は膨らみを出すために充填量を増やすこともあります。

羽毛の充填量が多いからといって暖かくなるわけではないということですね。

 

ダウン率についてもっと詳しく知りたい方は「【用途別】羽毛布団のダウン率の選び方!違いや選ぶ目安を解説!」も参考にして下さい。

 

ダウンパワー(DP)は羽毛の羽毛の膨らみを数値化したものです。

基本的にはダウンパワー(DP)が大きいほど膨らみやすく品質の良い羽毛と言えます。

画像のように体積は同じでも羽毛によって膨らみが全く違うのがわかりますね。

同じ充填量の羽毛布団でもダウンパワーの高い羽毛の場合は軽くてよく膨らみます。

 

ダウンパワーについては「羽毛布団のダウンパワーとは?値段の相場を比較しつつ解説!」でも解説しています。

ダウンパワーの数値と値段の目安も載っているので気になる方は読んでみて下さいね。

 

品質の目安「ゴールドラベル」

羽毛布団の品質の目安として「ゴールドラベル」があります。

ゴールドラベルは羽毛ふとんを生産、販売している企業が発行している品質推奨ラベルです。

発行元の日本羽毛製品協同組合は業界で唯一の経済産業省の認可も受けています。

中身の見えない羽毛布団だからこそ品質が保証されているのは安心ですよね。

 

先述のダウン率、ダウンパワーはゴールドラベルの品質基準にもなっています。

ゴールドラベル清浄度酸素係数ダウン率ダウンパワー
プレミアムゴールドラベル1000m以上4.8mg以下93%以上DP440以上
ロイヤルゴールドラベル90%以上DP 400以上
エクセルゴールドラベル500ml以上85%以上DP350以上
ニューゴールドラベル50%以上DP300以上

ラベルは上からプレミアム、ロイヤル、エクセル、ニューゴールドラベルの4種類です。

どちらかと言えば価格よりも暖かく品質のいい羽毛布団が欲しいという方は、

ダウン率、ダウンパワーに優れたプレミアム、ロイヤルクラスの羽毛布団がおすすめです。

 

【ゴールドラベルは】羽毛ふとんのゴールドラベルについて解説!【信用できる?】」にはゴールドラベルについてさらに詳しく書いています。

各項目の基準やラベル付きでおすすめの羽毛布団も紹介していますよ。

 

【早見表】ゴールドラベルごとの羽毛布団の充填量

ダウン率とダウンパワーを比べた上で羽毛布団の適切な充填量を考えます。

ゴールドラベルごとの羽毛布団シングルサイズの充填量の目安はこんな感じです。

ゴールドラベルダウンパワーダウン率充填量の目安
プレミアムDP440以上93%以上1.1kg
ロイヤルDP400以上90%以上1.2kg
エクセルDP350以上85%以上1.3kg
ニューDP300以上50%以上1.5kg

あくまでも目安の充填量ですが冬用の羽毛布団としては1.1kgは必要と私は思います。

最近は0.8kgほどの充填量の羽毛布団が冬用として売られていることもありますが、

秋から初冬にかけては丁度いいぐらいすが真冬の時期は正直寒いと思います。

 

逆に「大増量1.5kg入り!」などと表示されている場合は羽毛のランクを確認することが大切です。

エクセルやニューゴールドラベルの羽毛だと膨らみを出すためにその分充填量も多くなります。

羽毛の品質と充填量のカラクリを理解した上で商品を比べることが大切ですね。

 

ゴールドラベル付きの羽毛布団は「【2021年最新版】ふとんマニアが本当におすすめする羽毛布団はコレだ!【ゴールドラベル付き】」で紹介していますよ。

 

まとめ

結論のイメージ

この記事では羽毛布団の羽毛の充填量について解説してきました。

充填量は単純に比較できるものではなく羽毛の品質を理解した上で比べることが大切です。

品質のいい羽毛布団が欲しいという方にはロイヤルゴールドラベル以上のものをおすすめします。

そのクラスの羽毛布団だと1.2kgぐらいの充填量であれば寒がりの方も満足できると思いますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました