【ゴールドラベルは】羽毛ふとんのゴールドラベルについて解説!【信用できる?】

羽毛布団
羽毛ふとんって中が見えないから心配
羽毛ふとんについてるゴールドラベルは信用できる?
ゴールドラベル付きでおすすめの羽毛ふとんは?

 

この記事はこんな疑問を解決します。

 

羽毛ふとんは値段の高いものなので本当にいいものを選びたいですよね。

でも羽毛ふとんってたくさんあるけど何がいい商品かわかりづらいものです。

中身の羽毛も見えないしふとんの良し悪しがどうやって決まってるのか普通はわかりません。

一度試しに寝てみるなんてことも出来ないので買うときは結構考えちゃうものですよね。

 

そんな人におすすめなのが「ゴールドラベル」を参考にすることです!

ゴールドラベルは羽毛ふとんを生産、販売している企業が発行している品質推奨ラベルです。

厳しい業界基準をクリアした羽毛ふとんにしかラベルは付けられないので品質面は安心ですし、

羽毛ふとんの規格によってグレード分けされているのでふとんの良さも一目瞭然です。

 

この記事ではそんな羽毛ふとんの品質保証ラベル「ゴールドラベル」について解説していきます。

ゴールドラベルとは

疑問のイメージゴールドラベルとは羽毛ふとんの業界団体である日本羽毛製品協同組合が発行する羽毛ふとんの品質推奨ラベルです。

ゴールドラベルは組合の定める各基準をクリアした羽毛ふとんしか付けることが出来ません。

さらに日本で製造された日本製の羽毛ふとんしか付けられないので安心感は大きいと思います。

発行元の日本羽毛製品協同組合は経済産業省の認可も受けています。

羽毛ふとんは中身の見えないので商品の良し悪しに関わらず法外な値段で販売されることもありました。

ゴールドラベルの羽毛ふとんは品質に沿ったグレード分けがされているので比較もしやすいですよ!

ゴールドラベルの品質基準

ゴールドラベルの認定を受けるには業界が定めた厳しい基準をクリアしなければいけません。

この基準をクリアすることで羽毛の臭いに関するトラブルを減らし暖かさの保障にも繋がります。

ここでは羽毛の清浄度酸素係数ダウン混率ダウンパワーの4点について解説します。

清浄度

清浄度とは羽毛がどの程度に洗浄されているかを調べた数値で透視度とも呼ばれます。

清浄度が高い羽毛は油脂分のバランスがよく雑菌や夾雑物が少ないので臭いのトラブルも起こりにくくなります。

検査方法はビーカーの中に規定量の羽毛と水を入れ上から覗き込むことで透視度を測ります。

ゴールドラベルでは清浄度500mm以上を合格基準としています。

酸素係数

酸素係数とは羽毛の臭いの原因となる物質が清潔に洗浄されているかを調べた数値です。

羽毛ふとんに使われる羽毛は洗浄工程でしっかりと洗浄されていますが有機物を完全に取り除くことは出来ません。

特に安い羽毛ふとんには洗浄の甘い羽毛が使われていることが臭いのトラブルが多発する要因になっています。

数値が小さいほど羽毛の洗浄がしっかりしている目安になりますが羽毛ふとんを見ても酸素係数の数値はどこにも書いていません。

日本羽毛製品協同組合は酸素係数4.8mg以下を合格基準としておりゴールドラベルの付いている羽毛ふとんは全てこの基準をクリアしています。

ダウン混率

ダウン混率とは羽毛に占めるダウンの割合の数値です。

羽毛はダウンとフェザーの2種類に分けられ一般的にダウンが多い方が上質な暖かい羽毛とされています。

ダウン率が50%以上のものが羽毛ふとんと呼ばれており高級なものだとダウン率95%なども存在します。

ゴールドラベルではダウン率によってラベルのグレード分けをしています。

ニューゴールドラベルは50%以上、エクセルは85%以上、ロイヤルは90%以上、プレミアムは93%以上のダウン率が必要です。

ダウン率に関しては「【用途別】羽毛布団のダウン率の選び方!違いや選ぶ目安を解説!」でも詳しく解説しているので参考にしてくださいね。

ダウンパワー

ダウンパワーとは羽毛にふとんの中と同程度の圧力をかけたときの羽毛1gあたりの体積の数値です。

簡単に言うと羽毛のふくらみを数値化したものですね。

羽毛は空気を含んで膨らむことで保温性を高めます。

羽毛の量が同じでも膨らみの大きい羽毛の方が保湿性が高くなります。

ダウンパワーの大きい羽毛を充填したものほど暖かい羽毛ふとんになります。

ゴールドラベルではダウンパワーによってラベルのグレード分けをしています。

ニューゴールドラベルはDP300以上、エクセルはDP350以上、ロイヤルはDP400以上、プレミアムはDP440以上のダウンパワーが必要です。

ダウンパワーに関しては「羽毛布団のダウンパワーとは?値段の相場を比較しつつ解説!」でも詳しく解説しているので参考にしてくださいね。

ゴールドラベルのグレード

選ぶイメージ日本羽毛製品協同組合では羽毛の品質によってゴールドラベルを4つのグレードに分けています。

羽毛自体の品質で羽毛ふとんを比較することが出来るので参考にしやすいのも利点です。

ニューゴールドラベル

ニューゴールドラベルゴールドラベルの中で一番下のグレードのものがニューゴールドラベルです。

ダウンパワーはDP300以上、ダウン率は50%以上の羽毛ふとんが該当します。

品質的には問題ありませんが正直このグレードの羽毛ふとんだと冬は寒さを感じるかもしれません。

日本製の羽毛ふとんで比較的安いものを探している方におすすめのグレードになっています。

エクセルゴールドラベル

エクセルゴールドラベルゴールドラベルの中では中級のグレードになるのがエクセルゴールドラベルです。

ダウンパワーはDP350以上、ダウン率は85%以上の羽毛ふとんが該当します。

春夏に使えるダウンケットのような薄手の羽毛ふとんだとこのグレードで十分の暖かさです。

ただしこちらも真冬には羽毛ふとん1枚だと寒く感じる方もいるかもしれません。

暖かい地域に住んでいる方や毛布などと一緒に使う予定の方におすすめのグレードです。

ロイヤルゴールドラベル

ロイヤルゴールドラベルゴールドラベルの中では高級なグレードになるのがロイヤルゴールドラベルです。

ダウンパワーはDP400以上、ダウン率は90%以上の羽毛ふとんが該当します。

このクラスのグレードになると真冬でも羽毛ふとん1枚で眠ることが出来ると思います。

少しお値段は張ってもいい羽毛ふとんが欲しいという方にはこのクラスがおすすめです。

プレミアムゴールドラベル

ゴールドラベルの中では最高級のグレードになるのがプレミアムゴールドラベルです。

ダウンパワーはDP440以上、ダウン率は93%以上の羽毛ふとんが該当します。

このグレードの羽毛ふとんとなると寒い地域の方や寒がりの方でも羽毛ふとん1枚で十分なことが多くなると思います。

その分価格は高くなりますがいい羽毛ふとんが欲しい!暖かいふとんで眠りたい!という方におすすめです。

おすすめの羽毛ふとん

4種類のゴールドラベルを紹介してきましたがおすすめするのはロイヤルゴールドラベルです。

もちろん春夏用であればエクセルゴールドぐらいでも十分なのですが冬の間使うことを考えると1つ上のランクがいいと思います。

そんなロイヤルゴールドラベルの羽毛ふとんでおすすめの商品はこちらです。

同じクラスの羽毛ふとんの中でも特に人気で価格、品質共に羽毛ふとんを買ったことがない方にもおすすめできる商品ですよ。

ゴールドラベルのまとめ

まとめのイメージゴールドラベルとは羽毛ふとんの業界団体である日本羽毛製品協同組合が発行する羽毛ふとんの品質推奨ラベルです。

中身のわからない羽毛ふとんにとって羽毛の品質が精査されているのはとても重要なことです。

ゴールドラベルは日本製かつ業界基準をクリアした羽毛ふとんにしか付けられません

ゴールドラベルのグレードはニューゴールドエクセルゴールドロイヤルゴールドプレミアムゴールドの4種類。

安心して羽毛ふとんを購入するためにもぜひ参考にしてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました