【西川の人気商品をチェック】ダウンケットの選び方のポイントとは

羽毛布団
・ダウンケットを買う際に見るべきポイント
・人気のダウンケットって実際どうなの?

 

この記事ではこんな疑問について解説しています。

 

最近「冬用の羽毛布団で寝るのはそろそろ暑くなってきた」という気温なってきたと思います。

春から夏にかけて活躍するのが薄手の羽毛布団「ダウンケット」。

冬用の羽毛布団よりも羽毛の量が抑えられているのでこれからの季節にぴったりの製品です。

 

今回はそんなダウンケットの中でも

楽天市場で口コミ数上位(2021年3月11日現在)に入っている

ダウンケット 2枚セット ダウン85% 250g入り」を参考にしながら、

商品スペックの注目ポイントを細かくチェックしていきたいと思います。

 

「人気商品だし気になってるけど情報が多すぎてよくわからない」という方や、

「口コミ件数は多いけどそれだけで買うのは不安」という方はぜひ参考にしてくださいね。

 

商品スペックをチェック

店 舗

眠りの神様 西川寝具専門店

サイズ

150×210cm

素 材

ポリエステル85%/綿15%

羽 毛

ホワイトダックダウン85%

充填量

250g

生産国

中国製

価 格8,250円(2枚で16,500円) 2021年3月23日時点

今回チェックするのは眠りの神様 西川寝具専門店の

ダウンケット 2枚セット ダウン85% 250g入り」です。

こちらは楽天市場で口コミ数上位(2021年3月11日現在)の人気商品です。

 

実際どんな商品なのか商品スペックを1つずつ見ていきましょう。

サイズ

まずサイズはシングルロング(150×210cm)です。

一般的なダウンケットと同じサイズなので問題ありませんね。

掛ふとん用のカバーもこのサイズに対応した商品が多いですよ。

 

最近は安価のダウンケットだと140×190cmの商品もたまに見られます。

サイズが少し小さめで価格を抑えるために使用している羽毛も安いものが多いので、

シングルサイズはどれも一緒と思い込まずにサイズも注意して見てください。

素材

次に素材はポリエステル85%/綿15%です。

こちらも一般的な素材でダウンケットではこの生地が一番多いように感じます。

 

ダウンケットの生地の素材は綿100%、ポリエステル85%/綿15%、ポリエステル100%の3種類に大きく分けられます。

それぞれの簡単な特徴は表のようになります。

素材綿100%ポリエステル85%
綿15%
ポリエステル100%
風合い
フィット性
洗濯性
価格帯中~高価格低価格低価格
こんな方に
オススメ
風合い、寝心地を
重視する方
洗濯性、コスパを
重視する方
とにかく価格を
重視する方

ポリエステル85%/綿15%は真ん中のランクと考えてもらうといいと思います。

素材の特徴として綿100%と比べると風合い、柔らかさの面では正直劣ります。

ただしポリエステルが多く使われているので家庭で洗えるというのは大きな魅力ですよ。

ポリエステル100%の素材は「とにかく安いものがほしい」という方以外にはおすすめしていませんのでご注意を。

羽毛/充填量

次にチェックするのは羽毛の種類と充填量

羽毛布団の肝になる部分なのでとても重要なポイントですね。

 

この商品の羽毛の種類はホワイトダックダウン85%充填量は250g入りです。

 

まず羽毛の種類ですが使われているのはグースではなくダックです。

羽毛の種類については「羽毛布団のダックとグースの違いや特徴は?臭いが少ないのはどっち?」でも触れていますが基本的にはダックよりもグースの方が品質がいいものが多いです。

ただしダウンケットの中身に使われている羽毛はダックの場合が多いのでそこまで気にする必要はないと思います。

グースの方が暖かくなるので冬用の羽毛布団だと種類についても考えた方がいいでしょうね。

 

次にダウン85%の部分ですがこれは中身に占める羽毛の割合(ダウン率)を指します。

残りの15%はフェザー(羽根)になり羽毛の割合が高いほどい良い中身と言えます。

中身のランクについては「【50%は微妙】ダウンケットのダウン率はどれを選ぶ?違いを解説!」でも書いています。

簡単に言うと50%は安物、85%は中級品、90%以上は高品質の商品と言った感じでしょう。

ダウン率が低いものは中身の臭いが強くなったり柔らかさもイマイチなものが多くなります。

もちろん動物性のものなので臭いは避けられませんがダウン85%の商品だとそこまで心配する必要はないかと思いますよ。

 

最後に充填量は250g入りになっています。

この充填量は少し少なめです。(商品説明にも控えめと書いていますね)

冬用の羽毛布団が1200gほど中身が入っているのに対して、

春夏向けのダウンケットは300gほどが一般的な充填量になります。

250gだと思った以上に薄い印象を受ける方もいるかもしれません。

夏でも寝冷えするので薄すぎると感じる場合はエアコンの気温を調整して使うことをおすすめしますよ

選び方のポイントまとめ

店 舗

眠りの神様 西川寝具専門店

サイズ

150×210cm

素 材

ポリエステル85%/綿15%

羽 毛

ホワイトダックダウン85%

充填量

250g

生産国

中国製

価 格8,250円(2枚で16,500円) 2021年3月23日時点

今回チェックした「ダウンケット 2枚セット ダウン85% 250g入り」ですが、

羽毛の充填量は少し少ないですが生地素材、羽毛の種類、そして値段を総合的に考えて、

コストパフォーマンス重視で安定のダウンケット」と言えると思います。

もう少し手を伸ばせば綿素材のものやダウン率、充填量の質もいい商品もありますが、

ネットで高いものを買うのは気が引けるという方などにはおすすめできる商品だと思います。

 

以上、実際の人気商品のスペックチェックでした。

他にも西川にこだわらず自分でダウンケットを選びたい、用途や予算別にダウンケットを選びたいという人は【エアコン対策】ダウンケットの選び方まとめ!【洗える安いものを選びましょう】の記事にまとめています。

ダウンケットを買おうと考えている人や選び方に悩んでいる人は参考にしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました