【コスパ重視】安く買える羽毛布団のおすすめ3選!【3万円以下で厳選】

安く買える羽毛布団アイキャッチ羽毛布団のおすすめ
羽毛布団が欲しいけど、結構高いな・・・
安い羽毛布団もあるけど、安いってことは怪しいし不安・・・
安い羽毛布団が欲しいけど、失敗はしたくない・・・

 

この記事ではこんな疑問にお答えします。

 

羽毛布団の値段ってピンからキリまであって選びにくいですよね。

値段の高い有名メーカー製のお布団であればそこまで心配もいりませんが、聞いたことのないメーカーのお布団の場合は品質面で少し不安になることもあります。

 

とはいえ、あまり高い値段の羽毛布団を買うのはちょっと・・・

 

この記事では有名メーカーの羽毛布団ではないけど、コスパ抜群の羽毛布団を厳選して解説します。

紹介する羽毛布団も全てシングルサイズで3万円以下の中からピックアップしたので、びっくりするぐらい高いものはありません。

 

寝具業界で働いている私がおすすめする理由と一緒に解説するので、羽毛布団を選ぶときの参考にしてください。

 

自分で羽毛布団を選びたいという人は【全12記事】羽毛布団の正しい選び方のまとめ【比較するポイントも解説】という記事で羽毛布団を選ぶときに大事なポイントについてまとめているのでこちらも参考にしてください。

 

値段が安くてコスパのいい羽毛布団のおすすめ3選

おすすめ

できるだけ安く羽毛布団は買いたいと思うけど、変に安いものを買って失敗するのは嫌ですよね。

値段だけで選ぶと後悔するかもしれません。

 

とはいえ、羽毛布団の選び方なんてわからないし、選んでみても本当にこれでいいのか判断が難しいです。

そこで寝具業界で働いている私が見てもコスパがいいなと思う羽毛布団を厳選して紹介します。

おすすめの理由も一緒に解説するので羽毛布団を買うときの参考にしてください。

コスパ最高クラスの安い羽毛布団

他にも安かったりレビューの口コミの数が多い羽毛布団もありますが、2020年9月時点ではこの「超長綿80サテン ホワイトダウン93% 日本製 羽毛布団」が間違いなくコスパNO.1です。

 

先にこの羽毛布団の仕様をまとめます。

側生地:綿100% 80サテン
羽 毛:ホワイトダックダウン93% フェザー7% DP400
充填量:1.1㎏
サイズ:150×210㎝(シングルロング)
キルト:立体キルト
生産国:日本製
備 考:羽毛に除菌・消臭・防カビ加工

この羽毛布団のおすすめポイントは2つで側生地の品質と羽毛の品質がいいところ。

この仕様でシングルサイズ税込み13,800円(2020年9月)というのは激安です。

 

側生地に関しては綿100%の80サテンということで、1万円代のお布団では通常使われることのないぐらい上のクラスの側生地を使っています。

1万円台の羽毛布団によく使われる側生地はポリエステル85%綿15%のものが圧倒的に多くて、少し蒸れやすかったり、生地がこすれたときにカサカサと音がなることが多いです。

 

綿100%の側生地であれば吸湿性が高く、寝ているときに体から出る汗もしっかりと吸収してくれるので夜中に蒸れて目が覚めるといったことが減りますよ。

たったこれだけでも意外と快適に寝ることができるようになります。

 

ちなみに80サテンは普通であれば3万円より上のクラスの羽毛布団に使われることの多い生地で、ポリエステルの生地と比較しても原価で3倍近くします。

 

それが他の安い羽毛布団とほとんど変わらない値段でというのはコスパが良すぎます。

価格破壊レベルのコスパだと思いますよ。

 

キルティングについては立体キルトなので特に特徴があるものではありませんが、同価格帯の羽毛布団と比較しても劣っていることもありません。

立体キルトについては下の図を見てもらうとわかりやすいです。

立体キルト

最後に羽毛の品質ですが、こちらもホワイトダック93%で400DP(ダウンパワー)ということでおすすめできる品質です。

産地の表記がなかったのでおそらく中国か台湾あたりの羽毛だとは思いますが、羽毛のふくらみを表すDPは400なので暖かさも問題ありませんよ。

 

個人的には産地はそこまで気にしなくてもいいですし、臭いの問題も日本国内で羽毛を洗浄していて除菌・消臭・防カビ加工をしているので心配ないですね。

 

羽毛の量も1.1㎏ということで最低限の充填量はクリアしています。

羽毛布団を安く作ろうと思えば羽毛の量を減らすのが1番簡単な方法で、最近では値段を安くするために1.0㎏入りの羽毛布団も増えてきていますが、さすがに1.0㎏だとあたたかさの面で不安です。

 

その点から考えてもこの「超長綿80サテン ホワイトダウン93% 日本製 羽毛布団」であれば問題ありませんよ。

 

できるだけ安く羽毛布団が欲しい人で布団選びに失敗したくないという人はこの「超長綿80サテン ホワイトダウン93% 日本製 羽毛布団」を選べば間違いないです。

臭いが気になる人におすすめの安い羽毛布団

羽毛布団が欲しいけど臭いが心配という人には「大増量1.3㎏ ホワイトグースダウン93% 二層キルト 日本製 羽毛布団」がおすすめ。

他にも羽毛の充填量が多く、二層キルトなので保温性も抜群なので寒がりな人にもおすすめです。

 

この羽毛布団の仕様についてまとめます。

側生地:ポリエステル85% 綿15%
羽 毛:ホワイトグースダウン93% フェザー7% DP400
充填量:1.3㎏
サイズ:150×210㎝(シングルロング)
総重量:約2.0㎏
キルト:2層式キルト
生産国:日本製
備 考:7年保証、羽毛に抗菌・防臭・防ダニ・防カビ加工
特 典:収納ケース付き

この仕様で税込み24,800円(2020年9月時点)です。

先ほどの「超長綿80サテン ホワイトダウン93% 日本製 羽毛布団」より値段は1万円ちょっと値段が上がっています。

 

側生地に関してはグレードが下がっていますが、羽毛の品質はグレードアップといったイメージです。

 

側生地はポリエステル85%綿15%の素材に変わっているので、生地の品質はグレードダウンしています。

ただ、キルティングに関しては先ほどの羽毛布団は立体キルトでしたが、この「大増量1.3㎏ ホワイトグースダウン93% 二層キルト 日本製 羽毛布団」は二層キルトになっています。

 

二層キルトがどんなものかは下の図をご覧ください。

二層式キルト

二層キルトは立体キルトよりもあたたかさが逃げにくいキルティングだと思ってもらえればOK。

生地の品質は下がったもののキルティングで多少カバーをしているといった感じですね。

 

羽毛の品質は400DP(ダウンパワー)なので、ふくらみ自体は先ほどの「超長綿80サテン ホワイトダウン93% 日本製 羽毛布団」と変わりません。

大きく変わったのはダウンの種類がダックからグースに変わったことです。

 

羽毛布団のトラブルでよくあるのが羽毛の臭いですが、ダックよりグースの方が臭いのトラブルの発生率が少ないです。

というのもダックは雑食なのに対してグースは草食なのでグースの方が元々臭いがしにくい傾向にあります。

 

詳しく書くと長くなってしまうのでもっと知りたい人は羽毛布団のダックとグースの違いや特徴は?臭いが少ないのはどっち?という記事でダックとグースの違いや羽毛の臭いについて詳しく解説しているのであわせてご覧ください。

 

羽毛の充填量も1.3㎏と十分な量が入っているのであたたかさも心配いりません。

ふくらみも十分で、寝室がよっぽど寒くない限りはこれ1枚でもしっかり寝れますよ。

 

この「大増量1.3㎏ ホワイトグースダウン93% 二層キルト 日本製 羽毛布団」はできるだけ安く羽毛布団が欲しいけど、羽毛の臭いが気になるといった人におすすめの1枚です。

羽毛の品質は最高クラスでおすすめの安い羽毛布団

できるだけ安く羽毛布団が欲しいけど、品質もいいものが欲しいという人は「増量1.2㎏ ホワイトマザーグースダウン95% 440DP 日本製 羽毛布団」がおすすめです。

この羽毛布団の値段はミドルクラスですが、羽毛の品質は最高クラスの440DPとかなりコスパがいいです。

 

まずはこの羽毛布団の仕様についてまとめます。

側生地:綿100% 60サテン
羽 毛:ホワイトマザーグースダウン95% フェザー5% DP440
充填量:1.2㎏
サイズ:150×210㎝(シングルロング)
総重量:約2.25㎏
キルト:立体キルト
生産国:日本製
備 考:7年保証、羽毛に抗菌・防臭・防ダニ・防カビ加工
特 典:収納ケース付き

この仕様で税込み27,800円とかなりのコスパです。

 

先ほどの「大増量1.3㎏ ホワイトグースダウン93% 二層キルト 日本製 羽毛布団」より3,000円ぐらい値段が上がりますが、個人的にはこちらの方がコスパは高くておすすめですよ。

 

この羽毛布団のおすすめポイントは2つで側生地の素材が綿100%60サテン、羽毛のDP(ダウンパワー)が440と最高クラスといったところ。

 

側生地が綿100%だと吸湿性に優れているので、お布団の中の蒸れ感が軽減されるのがおすすめポイント。

寝汗をかいたとしても吸収してくれるので不快感も軽減されますしね。

 

1番最初に紹介した「超長綿80サテン ホワイトダウン93% 日本製 羽毛布団」は80サテンという高級生地でしたが、この羽毛布団も60サテンなのでワンランク落ちますが、それでも高品質な生地ですよ。

羽毛の専門店でも使われるぐらいの生地ですし、十分な品質でおすすめできます。

 

羽毛の品質はお布団の値段を考えるとかなりいいです。

グース95%で440DPの羽毛を1.2㎏入りなら専門店で買うと50,000円は超えてきそうな内容ですが、税込み27,800円ならかなり安いです。

というか激安です。

 

440DP(ダウンパワー)ということでかなり羽毛自体がふくらみやすく、保温性が高く暖かく寝ることができます。

楽天の商品ページで比較の画像があったので参考に。

羽毛のDP比較

楽天市場 タンスのゲン様より引用

白くて見えにくいかもしれませんが、右が440DPの羽毛布団で左の350DPの羽毛布団と比較してもふくらみが全然違いますよね。

同じ量の羽毛を入れていてもこれだけふくらみが変わってきます。

 

よくふくらむ羽毛布団ほど空気をたくさん含むので暖かく寝ることができます。

これ以上の品質の羽毛となると数も限られてきますし、種類も多くありません。

440DPであれば最高クラスの羽毛といっても過言ではないですよ。

 

それでいてこの値段なので、本当にコスパ抜群です。

ハッキリ言って買いです。

 

この「増量1.2㎏ ホワイトマザーグースダウン95% 440DP 日本製 羽毛布団」はできるだけ安く最高品質の羽毛布団が欲しい人におすすめできる1枚です。

安く買えるおすすめ羽毛布団のまとめ

まとめ

この記事では出来るだけ安くコスパのいい羽毛布団を厳選して紹介し解説してきましたが、2020年はコスパのいい羽毛布団が本当に多いですね。

特に紹介した3つの羽毛布団は全て3万円以下で、このクォリティーなので本当にコスパが高い。

 

品質の安心感という部分では有名寝具メーカーの羽毛布団の方が安心かもしれませんが、値段が高くなってしまうので財布の中が厳しい・・・

 

そんな人はこの記事で紹介した羽毛布団を参考にして羽毛布団を選びをするといいですよ。

コスパの部分で考えれば最高クラスの羽毛布団ですよ。

あとは自分の用途や予算にあわせて選んでいただければ。

 

ちなみに値段を重視するなら下の羽毛布団がおすすめです。

値段と品質のバランスを重視するなら下の羽毛布団が最高です。

羽毛の臭いやたっぷりと羽毛が入ったものが欲しいという人には下の羽毛布団がおすすめ。

春夏も羽毛布団で寝たいという人には羽毛肌掛け布団のダウンケットがおすすめです。
ダウンケットの選び方やおすすめについては【エアコン対策】ダウンケットの選び方まとめ!【洗える安いものを選びましょう】という記事でまとめているのであわせてご覧ください。

値段だけで選んで買ってしまうと後悔するので、しっかりと見極めて購入するようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました