【全12記事】羽毛布団の正しい選び方のまとめ【比較するポイントも解説】

羽毛布団の選び方まとめ羽毛布団の選び方
羽毛布団が欲しいけど選び方がわからない・・・
羽毛布団を選ぶときは、どんなところを注意しておけばいいの?
羽毛布団って値段もバラバラだけど、なんで違うの?

 

この記事ではこんな疑問が解決できる記事をまとめています。

 

羽毛布団って本当に選ぶのが難しいですよね。

具体的な「商品名」や「ブランド名」があるわけでもないですし、みんなが知っているような「メーカー」も少ないです。

 

比較しようにもどっか微妙に違っていたりして比較しにくかったり・・・

 

この記事では羽毛布団を選ぶときに大事なポイントを解説した記事をまとめています。

自分が大事にしたいポイントを重点的に読んでみると疑問が解決できますよ。

 

自分で選びたいけど、本当にこの選び方で合っているのか自信がないという人は【2020年秋冬】ネットで買える羽毛布団のおすすめランキング【用途別に解説】という記事を参考にしてください。

2020年のネットで買えるおすすめの羽毛布団を私が選んでおすすめする理由も解説しています。

羽毛布団を選ぶ前に読んで欲しい記事

羽毛布団を選ぶ前に読んで欲しい記事

羽毛布団を買う前に知っておいた方がいいことをまとめています。

知らずに選んでしまうと、思っていたのと違う・・・なんてことになったりするのでしっかりと理解しておきましょう。

 

最低限知っておいた方がいいことを簡単に解説しています。

 

羽毛布団の種類や使う季節や時期は?

羽毛布団と一口に書いても実は羽毛布団にも種類があるって知っていますか?

大きく分けると4種類の羽毛布団があります。

 

そんな羽毛布団の種類や使う季節について羽毛布団の種類と使う季節について簡単に解説【年中使う方法もあるよ】という記事で解説しています。

 

内容としては短めなので、どんな種類があるのか読んでおくといいですよ。

読むとせっかく羽毛布団を買ったのに寒い・・・なんてことが減ります。

 

結構、間違って安い薄手の羽毛布団を買っちゃう人って多いので注意です。

 

 

羽毛布団を買い替えを検討する前に読んで欲しい記事

そもそも羽毛布団の寿命ってどれくらいか知っていますか?

羽毛布団の寿命の目安は約10年です。

 

とはいえ、全部が必ずしも10年でダメになることではないですし、素材や使い方によっては寿命は短くも長くもなります。

 

そんな羽毛布団の寿命について詳しく解説しているのが【まだ使える】羽毛布団の寿命は10年!?買い替えの目安や長く使う方法!という記事になります。

 

自分の羽毛布団はまだ使えると思っていても劣化していることもあるので、参考にしてください。

 

 

寝心地重視の羽毛布団の選び方

寝心地重視の羽毛布団の選び方

寝心地のいい羽毛布団が欲しいのであれば、羽毛布団の生地選びが大事です。

たかが生地と思うかもしれませんが、体へのフィット感だったり、体から出る寝汗の吸収性も大きく変わってきます。

 

そんな羽毛布団の生地について4つの記事で詳しく解説しています。

 

羽毛布団に使われる生地について

羽毛布団に使われることの多い生地について解説しているのが【目的別】羽毛布団の生地の失敗しない選び方!コスパ抜群のおすすめも解説!という記事。

 

羽毛布団に使われる生地にはどんな特徴があって、どんな違いがあるのかを解説しています。

 

目的別に選ぶべき生地についても詳しく解説しているので、今使っている羽毛布団の寝心地が悪いと思う人はぜひ読んでみてください。

 

 

羽毛布団の生地を選ぶときの注意点

羽毛布団を買おうと思ってお店にいったり、ネットで調べてみると、

 

羽毛布団の生地は綿100%がおすすめ!

 

こんな感じで言われたり、書いてあることが多いです。

間違いではないのですが、綿100%ならなんでもいいのかといわれるとそうでもないです。

 

綿100%の羽毛布団用の生地でも明確なランク分けがされています。

詳しくは【間違い】羽毛布団の生地は綿100%なら何でもいい訳ではありません!という記事で解説しています。

 

羽毛布団の生地は綿100%がおすすめといわれても納得いかない人やしっくりこない人に読んでもらいたい記事です。

 

 

羽毛布団のキルティングでも寝心地は変わる

羽毛布団のフィット感やあたたかさは羽毛布団のキルティング(縫い方)でも変わります。

たかだかキルティングでそんなに変わるわけないと思うかもしれませんが、実は結構変わってくる要素です。

 

熱を逃がしやすい縫い方だったり、逆に暖かい空気を逃がしにくい縫い方だったり、体へのフィット感を高めて寝返りしても隙間風が入りにくい縫い方もあります。

 

そんな羽毛布団の寝心地にも影響を与えるキルティングについては【季節別】羽毛布団のキルティングの種類と特徴を比較!【選び方も解説】という記事で詳しく解説しています。

 

寝心地にはとことんこだわりたいという人は参考にしてください。

 

 

寝心地は布団のサイズでも変わる

羽毛布団のサイズを選ぶときって一人で寝る人はシングル、二人で同じ布団で寝たいからダブルといった感じで選んでいませんか?

 

こういったサイズ選びをしていると失敗することがありますよ。

 

正しい布団サイズの選び方については掛け布団のサイズの選び方!一覧表で用途別におすすめを解説!という記事で詳しく解説しています。

 

サイズ選びの目安やカバーのサイズについても一覧表でまとめているので参考にどうぞ。

 

 

暖かさ重視の羽毛布団の選び方

暖かさ重視の羽毛布団の選び方

羽毛布団で暖かさを重視するのであれば、羽毛選びが大切なポイントです。

とはいえ、羽毛の選び方を詳しく知っている人ってほとんどいませんよね?

 

羽毛布団の羽毛の選び方について4記事で詳しく解説しています。

あたたかさや値段にも大きく影響を与える部分なので、しっかりと理解することで低品質な羽毛布団を選ぶ可能性を大きく減らせますよ。

 

羽毛の産地はどう選ぶ?

羽毛布団の羽毛の産地っていろいろ種類があるのって知っていますか?

ポーランド、ハンガリー、フランス、中国などいろいろあります。

 

でもどこの産地のものがよくて、どんな違いがあるのかって知っている人はほとんどいません。

結論として羽毛の産地でそこまで大きな差はありません。

とはいえ、多少の違いはありますが値段の差ほど大きな差ではないです。

 

詳しくは羽毛の産地の違いを解説!みんなが選んでいる産地はこれだ!【産地はどこでもOK】という記事で解説しています。

おまけでみんなが選んでいる羽毛の産地についてもデータをもとに分析してみたので参考にどうぞ。

 

 

羽毛布団のダックやグースってなに?

羽毛布団を選んでいると同じ羽毛布団でもダックやグースという名前の羽毛がありますよね。

グースの方が高いことが多いですが、ダックとどう違うのかって知りませんよね。

 

そんなダックとグースの違いをわかりやすく解説したのが羽毛布団のダックとグースの違いや特徴は?臭いが少ないのはどっち?という記事です。

 

羽毛布団で多いトラブルに臭いがあります。

ダックとグースのどちらを選ぶかでも臭いのリスクを減らすことができますよ。

臭いに敏感な人はグースを選んでおく方が無難です。

 

なぜグースを選ぶべきかは記事内で詳しく解説しているので参考にしてください。

 

 

羽毛を選ぶときに具体的に比較すべきポイント

産地や羽毛の種類についてはわかるけど、羽毛布団を比較するときにどこを見ればいいの?

こんな人は羽毛布団のダウンパワーとは?値段の相場を比較しつつ解説!という記事をご覧ください。

 

実際に羽毛布団のあたたかさを判別する目安として見るべき数値が羽毛のDP(ダウンパワー)です。

あたたかさを重視して羽毛布団を選ぶ場合では1番大事な要素になるので、ここはしっかりと把握しておくといいですよ。

 

値段に釣られて安い羽毛布団を買ったら暖かくなかった・・・なんて失敗を減らすことができます。

 

 

暖かさと感触も気にするならダウン率も見るべき

羽毛布団を見ていると「ホワイトダック80%」とか「ホワイトグース93%」とか書いていますよね。

この〇〇%というのがダウン率です。

 

なんとなくダウン率がいい方が品質がよさそうとは思うけど、何が違うのかを聞かれてもわかりませんよね。

 

そんなダウン率について詳しく解説したのが【用途別】羽毛布団のダウン率の選び方!違いや選ぶ目安を解説!という記事になります。

 

あたたかさとダウン率は比例するところもあるのですが、感触も変わりますよ。

簡単に読める記事なので、興味がある人は参考にどうぞ。

 

 

メーカーで選ぶ羽毛布団の選び方

メーカーで選ぶ羽毛布団の選び方

羽毛布団の場合、明確に商品名がついているお布団ってほとんどないんですよね。

ここが羽毛布団を選ぶときに難しいポイントになっちゃいます。

 

自分で比較したり選ぶのが難しいと感じている人は羽毛布団をメーカーで選んでみるのはどうでしょう?

 

羽毛布団メーカーのおすすめ5社とその理由!【日本製メインで厳選】という記事でおすすめの羽毛布団のメーカーについてまとめています。

 

ここに書いている5社なら品質については問題ないと思いますよ。

羽毛布団だけに限らず、寝具全般で見てもおすすめできるメーカーなので、他の寝具を探している人も参考にしてみてくださいね。

 

羽毛布団の捨て方

羽毛布団を買い替えた後は羽毛布団を処分しないといけません。

ただ、羽毛布団の処分の仕方って意外と知らなかったりします。

 

燃えるごみで出せばいいのか粗大ごみで出せばいいのか、他にも処分する方法はあるのか。

 

羽毛布団の捨て方については【処分に困る】羽毛布団の捨て方8選!【できるだけお金をかけずに捨てましょう】という記事で8種類の処分方法について解説しています。

 

羽毛布団を捨てる方法について悩んでいるのであれば参考にしてみてください。

自分にあった羽毛布団の捨て方がわかります。

羽毛布団の選び方のまとめ

まとめのイメージ

羽毛布団って気持ちいいですよね。

ただ、羽毛布団も正しく選ばないとせっかくの暖かさや気持ちよさを活かすことができません。

 

買う前にしっかりと選び方や見るべきところを理解しておくことで、値段の違いや品質の違いがわかるようになります。

 

そうなると安いからといって低品質な羽毛布団を買うことがなくなったり、無駄に高い羽毛布団を買ってしまうといったリスクを下げることができますよ。

 

ここにまとめている記事を参考に自分にあった羽毛布団を見つけてくださいね。

 

それでもやっぱり自分で選ぶのは難しいなと感じているようであれば【2020年秋冬】ネットで買える羽毛布団のおすすめランキング【用途別に解説】の記事を参考にしてください。

この記事でまとめている内容をもとに選んでおすすめする理由を解説しています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました