【2020年】楽天で買うべき昭和西川のおすすめの羽毛布団3選!

楽天で買うべき昭和西川のおすすめ3選アイキャッチ羽毛布団のおすすめ
羽毛布団が欲しいけど、どんな布団を選べばいいかわからない・・・
有名メーカーの羽毛布団が欲しいけど高すぎるのはちょっと・・・
昭和西川って最近よく見かけるけど、おすすめの羽毛布団はどれ?

 

この記事ではこんな疑問が解決できます。

 

楽天で羽毛布団を探していると昭和西川の羽毛布団をよく見かけます。

ただ、いろいろなお布団があって値段もバラバラ・・・

 

なかなか選ぶのが難しいですよね。

 

この記事では楽天で買える昭和西川のおすすめの羽毛布団を解説します。

どんなお布団かおすすめの理由は何かというところも解説するので、自分で選ぶときの参考にしてみてください。

 

個人的に昭和西川の羽毛布団はコスパがいいものが多いのでおすすめですよ!

楽天で買える昭和西川の羽毛布団のおすすめ3選!

3人で調べているイメージ

量販店やネット通販でもよく見かける昭和西川の羽毛布団ですが、その中から楽天で買うべきものに限定して昭和西川のおすすめの羽毛布団を紹介します。

 

楽天で買えるものを中心にピックアップしていますが、中にはアマゾンやヤフーで買えるものもあります。

ただ、基本的に楽天の方が値段が安かったりします。

 

楽天以外でポイントを持っていて使いたいという人以外は楽天で買う方がお得ですよ。

特典があるものもありますしね。

 

それでは解説します。

できるだけ安く欲しい人におすすめの昭和西川の羽毛布団

できるだけ安く羽毛布団が買いたい人におすすめなのが昭和西川の「ホワイトダックダウン85% 日本製 羽毛布団」です。

 

この記事で紹介する羽毛布団の中では1番安い羽毛布団です。

まずはこの羽毛布団の仕様をまとめます。

側生地:ポリエステル85% 綿15% ブロード
羽 毛:中国産ホワイトダックダウン85% DP350
充填量:1.1㎏
キルト:4×5マス立体キルト
生産国:日本製
備 考:不織布ケース付き
特 典:なし

この羽毛布団をおすすめする理由は値段です。

有名メーカーの羽毛布団でこの値段はかなり安い方ですね。

 

ただ、羽毛の品質も高くなく、入っている量も1.1㎏と多くありません。

あたたかさという面ではふくらみも少なく物足りなさを感じる人もいると思います。

 

とはいえ、寝るときにエアコンなどの暖房設備をつけたまま寝る人や来客用に羽毛布団を持っておきたいという人は問題なく使えるかと。

 

生地は量販店などで売っている羽毛布団と同じ生地なので、特に問題はないですよ。

ただポリエステルが多くカシャカシャと衣擦れの音や感触が気になる人は気になるといった感じですね。

 

この羽毛布団はできるだけ安く羽毛布団が欲しくて有名メーカーの布団が欲しいという人にはおすすめですが、ある程度の品質も求める人にはおすすめしません。

 

せっかく昭和西川の羽毛布団を買うのであれば、せめてもうワンランク上の羽毛布団を買う方が満足しますよ。

コスパ重視で選ぶ人におすすめの昭和西川の羽毛布団

コスパ重視で羽毛布団を選ぶのであれば昭和西川の「ホワイトグースダウン93% 綿100%60サテン 日本製 羽毛布団」がおすすめ。

 

おすすめする理由はこの記事で紹介する羽毛布団の中では1番コスパがいいと思う羽毛布団だからですね。

まずは仕様をまとめます。

側生地:綿100% 60サテン
羽 毛:中国産ホワイトマザーグースダウン93% DP420
充填量:1.1㎏
総重量:約2.2㎏
キルト:4×5マス立体キルト
生産国:日本製
備 考:花粉フリー加工、ダニプルーフ加工、収納ケース付き
特 典:あり

羽毛の品質、生地の素材、機能性加工の全てが先ほどの「ホワイトダックダウン85% 羽毛布団」よりグレードアップしています。

 

羽毛の品質はグースを使うことによって臭いの発生する可能性を下げていますし、羽毛のふくらみを表す数値であるDP(ダウンパワー)も420とかなり高い数値になっています。

 

このクラスの羽毛であれば寒がりな人や寒い地域に住んでいる人でなければ1枚でも十分寝れるあたたかさですよ。

 

側生地も綿100%の60サテンということで吸湿性が高く、寝ているときのムレを軽減させることができます。

 

綿100%60サテンの生地はポリエステルの生地と比較した場合、しなやかなので体にフィットしやすく、寝返りしたときや首元からの隙間風を軽減することができるので暖かさを逃がしにくくなっています。

 

側生地が変わると寝心地が変わってくる大事な要素なので、綿100%を使っているのは大きなプラスポイントですよ。

 

機能性加工も花粉フリー加工とダニプルーフ加工をしていて、簡単に解説しておきます。

花粉フリー加工…生地に花粉が付きにくく落ちやすくする加工
ダニプルーフ加工…ダニが布団の中に入らないようにする加工

こんな感じで機能性加工までついてシングルサイズの羽毛布団で税込み29,698円(2020年9月時点)なのでかなりコスパはいいですよ。

 

しかも今なら購入者特典で下記の3点の中から1つもらうことができます。

ノルディック柄の掛けカバー
花柄の掛けカバー
綿100%のピロケース

どれを選ぶかはお好みでどうぞ。

ただ掛けカバーはポリエステルが多く入っている生地だったのであまりおすすめはしませんけどね。

ムレやすいし。

 

この羽毛布団は値段も大事だけど品質も大事という欲張りな人におすすめの羽毛布団です。

コスパもかなりいいので、昭和西川の羽毛布団でどれを買うか悩んだらこれでいいと思いますよ。

 

品質重視で選ぶ人におすすめの昭和西川の羽毛布団

品質重視で羽毛布団が欲しい人におすすめなのが昭和西川の「ポーランド産ホワイトマザーグース95% DP450 2層式羽毛布団」です。
品質で見るならこの記事で紹介している羽毛布団の中では最高品質です。

他にも高品質な羽毛布団はありますが、楽天で買える中では最高クラスですよ。

 

この羽毛布団の仕様をまとめます。

側生地:綿100% 60サテン
羽 毛:ポーランド産ホワイトマザーグースダウン95% DP450
充填量:1.1㎏
総重量:約2.4㎏
キルト:二層式キルト
生産国:日本製
備 考:花粉フリー加工、ダニプルーフ加工、収納ケース付き
特 典:なし

先ほどのコスパのいい「マザーグース93% 羽毛布団」と比較した場合、羽毛の品質とキルティングが変更されています。

 

羽毛に関しては羽毛の産地として有名なポーランドのマザーグースを使っていて羽毛のふくらみを表すDP(ダウンパワー)も450と最高クラスです。

 

このクラスの羽毛であればふくらみも十分で保温性も高く、このクラスであれば充填量が1.1㎏でも十分満足できますよ。

 

他にも違いは側生地のキルティングも今までの立体キルトではなく、より暖かさを逃がしにくい2層キルトが採用されています。

 

2層キルトについては下の画像を見てください。

二層式キルト

暖かさが逃げにくく保温性がアップしていると考えてもらえればOKです。

この羽毛布団にも花粉フリー加工とダニプルーフ加工がされているので機能性も十分。

 

先ほどの「マザーグース93% 羽毛布団」でも解説しましたが、ここでも載せておきますね。

花粉フリー加工…生地に花粉が付きにくく落ちやすくする加工
ダニプルーフ加工…ダニが布団の中に入らないようにする加工

薬剤による加工ではないので、そういうのが気になる人でも安心です。

 

お布団にはこだわって高品質な羽毛布団が欲しいという人にはおすすめの羽毛布団ですよ。

ぱっと見では値段も高く感じるかもしれませんが、中に入っている羽毛原料の品質と原価を考えれば意外とコスパも良かったりしますしね。

 

このクラスの羽毛布団であれば1枚でも十分暖かく寝ることができます。

それでもやっぱり寒がりだから不安・・・という人はこちらも1.2㎏に増量されているバージョンもあるので出来る限り暖かく寝たいという人にはそちらもおすすめです。

楽天で買うべき昭和西川の羽毛布団のまとめ

まとめのイメージ

楽天で買える昭和西川の羽毛布団のおすすめを3つ紹介しました。

昭和西川の羽毛布団は寝具メーカーの中でも大手で品質基準もしっかりとしています。

 

それでいて他のメーカーより値段が安いものもあるのでおすすめですよ。

この記事で紹介した羽毛布団以外にもいいものはあるので、この記事の内容を参考にしつつ自分にあったものを選んでみてください。

 

他にも有名寝具メーカーの羽毛布団やマイナーな寝具メーカーの羽毛布団のおすすめをランキング形式で【2020年秋冬】ネットで買える羽毛布団のおすすめランキング【用途別に解説】という記事で解説しつつ紹介しています。

どんなお布団がおすすめなのか参考にしてみてください。

 

ちなみに羽毛布団の選び方がわからないという人は【全12記事】羽毛布団の正しい選び方のまとめ【比較するポイントも解説】という記事で選び方についてまとめているので参考にしてみてください。

羽毛布団のお手入れ方法については【保存版】羽毛布団のお手入れ方法まとめ!【干し方・収納法・破れた場合の対処法】という記事でまとめています。

次の羽毛布団は丁寧に使いたい人や今あるお布団のお手入れ方法がわからないという人は参考にしてください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました